配偶者の浮気の兆候

ウインズ調査事務所 HOME > 料金について

浮気調査の場合、相談者様の多くは、配偶者に対して何らかの浮気の兆候を感じ取り、それを察知してから相談・依頼をしてくるケースが多いです。

逆に何ら疑いの要素がなく、漠然に「もしかして浮気しているのではないか?」という理由だけでの相談・依頼は少ないといえます。

相談者様の感じる浮気の兆候には様々なものがあります。

1.仕事関連

・残業、会議、休日出勤、仕事の付き合い、仕事の飲み会など、なにかと仕事を理由にして
 帰宅時間が遅くなる

・仕事を言い訳に外泊が多くなる

・単身赴任中である

2.携帯電話関連

・片時も携帯電話(スマホ)を手離さない
・携帯電話(スマホ)がロックされている
・発信・着信履歴やメール・LINEを消去している形跡がある
・圏外や留守電になることが多くなった
・携帯電話(スマホ)を2台持ちしている
・携帯電話(スマホ)を盗み見たところ、浮気相手と思われる異性のやり取りが確認される
・電話帳の登録名が同性の名前であるが、メールやLINE内容は明らかに異性とのやり取り
 である
相談者様の感じる浮気の兆候には様々なものがあります。

3.車関連

・車の洗車をマメにするようになる

・異性が同乗したと思われる髪の毛やゴミなどが見つかる

4.外見関連

・急にお洒落に気を配るようになる

・服装や下着の趣味が変わる

・化粧が派手になる

5.生活関連

・自分に落ち度がないはずなのに別居話や離婚話を切り出してくるようになる
・過去に浮気の事実がある
・夫婦間や家族間の会話が極端に減る
・目を見て話さないようになる
・口数が多くなったり、明るく振舞うようになる
・誰かと比較するような言動や文句、不満が多くなる
・出費や小遣いなど、金銭の出費が極端に増える
・友人、飲み会、同窓会、スポーツジム、集まりごとなどを理由に、外出が多くなる
・帰宅後すぐに風呂に入るようになる
・夜の生活を拒むようになる
・浮気を問い詰めたところ、逆ギレのほか、曖昧で不自然な言動を繰り返す

これらの項目で、浮気調査の相談・依頼につながることが一番多い兆候は、携帯電話関連です。
携帯電話の扱いに不自然さを感じ、盗み見て、浮気相手らしき人物の存在があることに気付くのです。
相談者様のなかには、事細かに配偶者の携帯電話を盗み見て、確実に浮気相手と接触する日時をほぼピンポイントで絞り込み、調査を依頼してくる人もいます。

調査士の立場からも、この方法が最も確実で、なおかつ経済的であると考えています。

相談無料・秘密厳守
お気軽にお問い合わせください

0120-183-150 お問い合わせ